SECによるVanEckのビットコインETF承認は2月に延期でビットコインは下落継続か。ただ・・

スポンサーリンク

 

SECがビットコインETFの承認を2019年に延期しましたが、これで2018年内は下落継続決定な気がしますね。

ETFで結局ビットコインは高騰するの?という方も多いと思うのでVanEckの件を機に改めてまとめです。

 

結論を書くと、私はまだ2019年2月でも承認されるのかは微妙だと思っていますが、ビットコイン自体は2019年の春ぐらいからは少しずつ上がるのかなとは予想しています。

しかし、ビットコインサトシビジョンBSVだけが不思議と一気に高騰してますが、もう好きにしてくれ〜という感じですね。笑

 


スポンサーリンク

SECがVanEckのビットコインETF承認を延期。2018年は下落継続が確定か。ただ・・・

RyanMcGuire / Pixabay

 

VanEckのSolidX というETFなのですが、もうこれで3回目の延長なので2019年2月が最終です。

2018年末に向けて、ビットコインはETFでもいいニュースが出せませんでしたね〜。なので、下落がやはり続きそうです。予想通りといえば予想通り。笑

 

ちょうど週末ですし、トレードするならショートチャンスな気がします。予想より遅れましたが、しっり下げそうな勢いですね。(下げて欲しいなあ)

 

 

 

ちなみに、普通のビットコインETFとは現物を保持せず「連動する指標」にお金が入るデリバティブなので。開始してもビットコインは高騰するどころかショートで暴落する可能性が高いのは以前も書いたとおりです。(このブログやメルマガ読者様は勘違いしてる人はもういないかなと

ビットコインETFとは?いつ承認されても相場高騰せず暴落しやすい理由と今後の影響と可能性まとめ

2018.08.18

 

ただ、VanEckのビットコインETFは確か現物拠出型なのですよね。なので、やっぱり承認されると盛り上がりますし、承認されるのは確実だ!などのアオリ報道も多かったです。

 

となると、天の邪鬼的には逆に承認されないのでは?とも思うわけです。また、こういう報道が出たからこそ、そろそろ底なのかなとも。(およそ大衆煽動のための報道とは、逆の内容が真実の事が多いので。笑)

 

 


スポンサーリンク

ビットコインETFの現物型は2019年2月でも承認されない可能性も高い

KeithJJ / Pixabay

 

ビットコインETFで特に現物を扱うものはインパクトが大きいのです。

その分、ビットコイン自体の値動きが操作されてしまうような状況が改善されない限りは、公平な金融商品として認可されるのは難しいのでは?とは個人的には思っています。

なので、もしビットコインETFは承認されるとしても指標型までが精一杯なのかなと。

 

するとやっぱり、そこまでビットコインの現物市場が一気に高騰する!などのインパクトは考えにくいのですよね。

あと、Bakktも同様に現物型なので話題になりましたけど、やはり一気に資金は入らないだろうなと考えるのが通常ですよね。

Bakktとは?現物ベースのビットコイン先物が12月から1月24日へ上場延期!米国で仮想通貨取引を拡大する先物取引所。

2018.08.19

 


スポンサーリンク

ただ、ビットコインETFがどうなろうと長期で「暗号資産」は面白い

murakumo28 / Pixabay

 

ただ、ビットコインETFがどうなろうと、2018年は下落がやはり続きそうでも、長期では期待してますよ!

 

上記画像のようなホトケの精神で、しっかり見守るわけです。笑

大衆煽動の報道の裏にある心理を見据えながら。。。ビットコインをいつ買おうかなと準備しながら。

 

世界中の法定通貨との通貨ペアが揃いつつあるデジタルアセットとして、ビットコインやリップルはやはり貴重な存在になっていくと思いますしね。

ビットコインは今後も暴落するが2019年から高騰する3つの理由まとめ【更新】

2017.01.05

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続、税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

この記事を書いた人のプロフィールはこちら。

→ 管理人のプロフィールなど(セミリタイアした経緯とは?




スポンサーリンク