仮想通貨暴落後に戻りが早かったのは?Antshares(NEO)の出来高がETH並み!

スポンサーリンク

*画像はAntshares(NEO)を扱うBittrexより。

昨日の暴落の揺り戻しで、今朝は仮想通貨市場全体が上がっていますね。

 

そんな中、先日記事にしたAntshares(NEO)が材料が出たこともあり目立ってました。

 

あと

仮想通貨仕様全体のトレンドがどうなりそうか?

こういう時にいち早く高騰していく銘柄は何か?

 

は、過去を見ていると、NEO単体というより、今後の重要な情報になるのでいつも見ています。

 

同時にNEO以外も含めて短期の遊びをするのですが・・・(短期ETHはもう予定どおり10%ほど指値がヒットしたので手仕舞いしました。)

 

そのあたりの個人的なメモを残します。
スポンサーリンク


NEO含む仮想通貨市場全体の資金流入は?

 

昨日時点だと、9兆円を下回ってました。

その後は、どうなることかと思いましたが、、。

 

89Bぐらいから、本日の朝時点で91Bぐらいまで戻してますね。

 

この戻した後の第2波で、大きくトレンドが見えることがある認識なので、まだ今後も見ていかないとですが。

 

追記:その後、昼には98B まで戻してます。金額大きいですね・・。

 

 

通貨市場全体が暴落後に、いち早く高騰した銘柄リスト!Poloniex版(NEO未上場)

 

はい。

星付きのは、先日も少し記事にしましたが比較的、個人的に面白いなあと見ているものです。

 

こちらには、ANTSHARES(NEO)は上場していませんが。。。

あくまで、値上がりの比率ですので、、、

その通貨の売買の市場規模が小さいものは、参考程度ですが。

イーサリアムも確り反発しましたね。

スポンサーリンク


仮想通貨市場全体が暴落後に、いち早く高騰した銘柄リスト!NEOも!Bittrex版

ここで、ちょっとビックリしました。

Antsharesの売買ボリュームが、イーサリアムに並んでますね。

いや、正確には抜いてきてます。

 

 

 

 

Antshares(ANS・NEO)は、記事にしたとおり一足お先に暴落してただけでは?というのもありますが。

 

あと、ここには出てきてませんが、インフラ系で面白そうなUBQも少し買い増ししましたよ。

 

Antshares(ANS改めNEO)の材料とは?中国のTVでCEOの方が取り上げられた!

 

どうも何か材料が出たのでは・・・と思っていたら、CCTVという中国のテレビでCEOがインタービューを受け報道されたのだとか。

 


ちなみに、このAntsharesがNEOになるのは、2017年の第3四半期からのようです。

 

追記:Antshares(改めNEO)は、BINANCEという取引所へ上場を控えている!

 

NEOは、BINANCEという中国の取引所に、7月14日には上場するようですね。

このBINANCE経由で、さらに中国資本が流入するのはどこでしょうね?

 

直近の暴落の中だと、NEOよりもETCやLTCも強いですが・・・

ちなみに、BINANCEはこちら。

開設まで、カウントダウン中でした。

⇒ https://www.binance.com/

 

 

 

さて・・・。

 

仮想通貨これらもまだまだどうなるかはわかりませんが。

イーサリアムもブログ始めた時は千円ぐらいでしたし。

 

何十倍もなった後ですので、その分、かなり動きの幅は大きいと思います。

 

そういう中で、安い間に面白そうなのは仕込んで、一年ぐらい放置で楽しんで見ます!

 

関連記事

⇒ AntShares(ANSからNEOへ)は中国版イーサリアムなのか?

 


スポンサーリンク