ビットコインが破綻暴落の危機?51%アタックとは?

スポンサーリンク

 

ビットコインが破綻して暴落するとすれば、その原因としては何が最もリスクが高いのか?非常に興味深くないですか?

ビットコインにかぎらず、ブロックチェーンという分散台帳(関係者で履歴をシェアして、その履歴が正しいかは第3者であるマイナーが確認する)の機能を使っている限り、この件による暴落が発生する可能性、リスクがあります。

私もビットコインも少し持っていますし、他のある暗号通貨はそれなりに大きな額を保持しているため、投資前にもちろん調査しています。

英語の文献でも取説でもスミからスミまで読み込むのが好きなエンジニアですので。

 

ただ、あまり長文になっても読みづらいと思いますので簡単にまとめてみました。

 

ビットコイン仕組み上の暴落リスク:51%アタックとは?

 

破綻に追い込む可能性がある仕組み上の問題とは、「51%アタック」というものです。

ブロックチェーンの仕組み上、誰かが取引を行う際にそれが正常な取引であることを演算にて第3者(いわゆるマイニングを行う方々)が検証することになっています。

それら検証の方々の51%から「これは正しい取引だ」と認証されれば、正しいブロックチェーンの取引として成立するという仕組みになっています。

 

では・・

その取引も検証の演算も同じ人が行うケースが出てくるとどうでしょうか?

 

そうです。不正が行えてしまいますよね。

 

マイニングを行っている方々の51%を占めるような巨大なチームが出てきた場合、上記のようなリスクが現実の内容となってしまいます。

実際に、Ghash.I.O.というビットコイン採掘のチーム(プールと言われます)が何度か51%以上を実現しており、もしこのチームがそのような事を行おうとすると不正にビットコインが発行されてしまうリスクがあるわけです。

 

そして、実際にこの発表が会った際には、暴落とまでいかなくても多少ビットコインの値段が下がったという過去の経緯はあります。

 

まともな運営機関が存在しておらず(運営機関が経済的に厳しいという報道もでていましたね)、実質上は誰も管理ができていないビットコインにおいては、このようなリスクが残るのも不思議ではないですね。

旧来のイーサリアムと同じ仕組をもつイーサリアム・クラシックETC誕生の際にも、なにやら51%アタックでETCを攻撃するなどという話も出ていたような気がしますが。

ただ、これらのアタックを行うとその価値が大きく下がるのは間違いないため、ハッカーなどがこの方法で不正を行ってコインを得るという事は無いだろうとは予測されています。

もしくは、このような問題も対応済みで、かつ運営サイドも確りと確立されているようなこれからの暗号通貨を選べば安全だと思います。

このような暗号通貨の基本や投資の種銭の作り方まで、は、右上かメルマガにて流していますので、右上からお気軽にご登録ください!

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

ときには、謎の人生相談まで。(笑

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

【★人気の関連記事】
ビットコイン破綻の原因はなぜ?大誤報の真相まとめ
CARDANOカンファレンスに参加してきた!ADAコインって?
イーサリアムクラシックETCのチャート暴騰継続
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)とは?


スポンサーリンク