自由に仕事できるセミリタイアに必須な【あるもの】とは?意外に知らない人が多い。

スポンサーリンク

今の仕事を辞めたい!仕事は嫌いじゃないけど、今の仕事に未来を感じない!など、セミリタイアまで行かなくてもとりあえず今の仕事を何とかしたい!という悩みを持つ方は、非常に多いのではないでしょうか?

いや、仕事は楽しいけど、もっと結果を出したい!セミリタイア生活のようにもっと自由に仕事をして、仕事を含めた生活をもっと充実させたい!という方も多いのでは?と思います。

 

そういう中で私はコジンマリとですが自由に仕事できるセミリタイア生活を実現しているので、最近、過去の知り合いや色んな方から「何をやったの?同じサラリーマンだったのに。。セミリタイアできたヒミツを教えなさい!(笑」と相談を受ける事が多いです。

あと、同じ会社を辞めた方々にも会う事も多く、その度に「ある事が意識できていれば・・・仕事をやめる前にやっておくべき!」と思うことが多かったです。

 

でも、意外に詳細が知られてないのですよね。

 

私もセミリタイア前に「それが重要だ!」というのは気付いてましたが、仕事をしながら実現するのには時間はかかりました。なので、早めに取り掛かった方がいいのですよね。

ということで、そのあたりを少しまとめたいと思います。


スポンサーリンク

自由に仕事するセミリタイアに必須な【あるもの】とは?意外に知らない人が多い。

Pavlofox / Pixabay

 

結論を先にいうと、自由なセミリタイア生活に必須なもの。

実はこれ、セミリタイア前から普通に仕事で皆が何らかの形で関係している内容で、それぐらい重要なものだと思います。

 

それは「仕組み」です。

 

これに関する重要な事に気づけば、一気にセミリタイア(自由に仕事できる状態)につながっていきます。

どういうことか?をもうちょっと詳しく書くと・・・・

 

あらゆる仕事は「仕組みに従ってる」か「仕組みを作っている」

 

アルバイトでも会社員でも、仕事は「会社のための仕組みを実行している」か、もしくはちょっとマネージャ層になると、「会社がうまく動くための仕組みを作っている」か、どちらかが多いと思います。

例えば、ちょっと考えただけでも下記など。

  • マニュアルに沿ってアルバイトの仕事をする
  • 会社の商品について、営業活動をする
  • 会社の商品を企画したり研究開発する
  • 同じ仕事の人の効率が上がるような方法を立案する
  • アルバイトや社員のためのマニュアルを作る
  • 会議で事業部の今後の方針や進め方を決める

 

などなど。

私は上から3つ目の仕事をやっていた期間が長くそれなりに自由度は高かったですし、自分で考えてやっている!という感触も比較的強かったですが、それでも結局、最終的に「自分が考えた事」や「自分のやった仕事のアウトプット」は、当然ですが会社の所有物になるわけです。

辞めてしまうと、私には何も残りませんので。(正確にいうと、そこで得た社会的信用やスキルという大きな財産は残りますが、それが勝手に収入を生み出すほどではないです。)

ということで、やはり多くの仕事時間は「誰かのための仕組み」に貢献(従う+作る)してきたと言えるかなと。

 

セミリタイアの仕組みを作る!仕事以外で自分を教育する!

 

じゃあ、「誰かの仕組み」ではなく、「自分のための仕組み」が作れたらセミリタイアして自由なライフスタイルにできるやん!と当然思ったわけです。

 

ただ、「自分のための仕組み」を作る方法なんて、今まで大学までで出ても誰かが教えてくれているわけでもないです。教科としてもないですよね。笑

今の教育で学べるのは、仕組み作りに貢献する労働者として必要な知識やルール(その世界の常識)なので。

なので、金持ち父さん風にいうと、「労働者層」以外になりたいなら、自分で自分を教育する必要があります。

 

つまり、仕組みを作るために、まず、そのための「知識や経験」を得る必要があるのですよね。

 


スポンサーリンク

セミリタイアの仕組み作りを!仕事以外の知識と経験へも投資!

Pexels / Pixabay

 

セミリタイアしたい!という方は、まず、今やっていることが「将来の自分のための仕組み」につながっているか?を考える必要があると思います。

 

あなたのボスである企業の経営者は、必ず考えています。

あなたが辞めてしまっても変わらず続いて利益を出していく会社を実現するために、どう運営するか?=どう「仕組み」を作るか?ということを。

誰でも、自分の人生の経営者ですからね!そういう経営者と同じ視点から、自分の時間の使い方を見直すべきなのは当然かなと。

 

ではセミリタイアに向けてどう進めるのがいいのか?ですが。

セミリタイア後に本当はどうなりたいのか?

よくあるのが、セミリタイアしたけど暇になっただけ!というパターンです。笑

 

まずは「人生で何を大事にしたいのか?」「何を本当は望んでいるのか?」を明確にする事が必須だと思います。

これが明確にできていると、モチベーションが持続しますし、むちゃくちゃ重要です。

 

ちなみに。

よくあるウソのような話ですが、「紙」に書いて毎日見ると、結構な事は実現します。

 

私も「そんなんウソやろ!」と思ってましたが、実際にセミリタイアを実現している人、複数名から言われたので渋々実践してみたら。。。。数年前に書いた事は不思議とほぼすべて実現しました。(笑

 

でも、やってみるとその仕組みがどうなっているかはわかりますよ。

「本当になりたい状態」を毎日見ると、「今やっている事ってそれに直結してる?」と、常に自問自答が入るので。すると、行動が変わるのですよね(未来につながらない事をやるのが嫌になり、工夫を始める)。加えて、そういう意識で色々な情報にふれると、同じものを見てても得る内容が変わります。

つまり、本当に欲しい事につながらない事をやるのが、本当に嫌になっていくのです。笑

これが凄い威力ですので、是非試してみることをオススメします。

どんどん変わっていきますが、これは私は今でも継続してます。

 

で、その上で・・・

セミリタイアのための「仕組み」へ仕事の報酬から投資する

 

私の場合は、仕事で得たうちの生活費以外と自分のお小遣い(当時は月3万円ぐらい)をガッツリと、「仕組みづくり」の勉強のために投資しました。

自分の自由時間もかなり投入していきました。

 

投資する対象は、世の中に沢山ありますよね。

 

ただ、最初はよくわからない。。。

ですので、まずそれらに実際の資金を入れる前に、自分の時間を投入して確り調べたり実践をして経験値を増やしました。

で大量に見た中から「これは良さそう」というものに集中して、今度は費用も突っ込んでいったという流れです。

「投資する対象」といってもいきなりお金ではなく、まずは時間と投資して知識を経験を得てからだとリスクコントロールも出来ますしね。

 

で、わからないところは・・・

 

セミリタイアの仕組みはカンニングすればいい!

 

知っている、既にやっている人から学べば早いです。

キャッシュフローを産む仕組みを何らか持つ必要があるのですが、どの分野でも先行者はおよそいますしね。

 

で、具体的に私の場合だと「自分の自由な時間」が最も欲しいものでした。

ですので、一度立ち上げてしまえばほとんど自分の時間がとられずに長期的に運営できるものに絞って、既にそれを実現している方々のやっている事を徹底にカンニングしました。(笑

 

ちなみにこの記事ではあまり触れてませんが、貯金でセミリタイアはあまり考えない方がいいと思いますし難易度が相当に高いです。

それより簡単なのが、仕事の代わりになる「仕組み」を作ってセミリタイアすることだと思っています。

 

その方法は世の中に沢山ありますが、学校でも教えてくれないので学んでいない人が多いです。

ですので、自分の特性に合わせたものを選択して、どんどん自分を教育すべきかなと。

 

そのあたりについては、以前まとめている記事がありますので、こちらなどご参考まで。

下記では、仕組み作り以外の事も含めて記載しています。

サラリーマンのセミリタイアが簡単になる方法!【実現済】実は貯金は不要!

2016年6月10日

 


スポンサーリンク

仕事から自由になれるセミリタイア方法についてのまとめ

geralt / Pixabay

 

長くなってきたので、仕事から自由になれるセミリタイアの方法についてまとめます!

 

以下の3ステップが重要かなと。

  1. セミリタイアには「仕組み」が重要だと意識する!
  2. 自分をどうなりたいか?を真剣にまとめる!見続ける!
  3. 合う「仕組み」に絞って、カンニングして自分を教育する!

 

この「1」はともかく、ほとんどの人は「3」に行く前に「2」を抜かすのと、「3」にいっても先人の知恵を学ばないというパターンが多いかなと。

 

ですので、この3ステップは個人的にはむちゃくちゃ重要だと思っています!

 

(あとがき)

セミリタイアを実現してみてわかった事はコツコツと時間をかけて自分のための「仕組み」を作っていけさえずれば、誰にでもできる事だということです。

単に「本気で自分を教育してない」だったり、「継続しない」だけというのがほとんどだと思います。

その理由の最も大きなものは、多くの人は今の仕事のままでも十分に幸せだ!という事かなと。(笑

ちゃんと自分に合う会社で自分に合う仕事をしてたら、そこまで追い込まれる事もないですよね。

なので、改めて「自分が本当はどうなりたいか」も直視する必要もありませんし、その結果モチベーションも続かないというのが最も多いパターンかなと。

偉そうに言う私も、本当に追い込まれる(心からライフスタイルを変えたい!と思う)までは同じ状況だったのでよく分かります。(笑

 

ですので、セミリタイアを目指す!というほどでなくとも、会社員の後の人生も見据えて、月に数十万程度のお小遣いを〜というスタンスで上記の3ステップを活用するのが、多くの人にとってはいいのだろうなとは思っています。

最後に、参考までに私の過去の恥ずかしいセミリタイア失敗事例も記載しておきます。

セミリタイア失敗!となる3つの理由【実話アリ】

2016年11月20日

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私自身は、少ない資金から開始して、既にセミリタイアを実現し、直近2年は税金の支払い額でも◯り人という部類に入っています。(2年目は積極投資したのでなんとか回避できるかもですが。)

私からは、重要だと思うポイントや、ブログで書きにくい事(笑)など配信してますが、3000名を超える方々と楽しくやりとりさせて貰っています。私自身もいい情報を頂く事が多いので。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

 




スポンサーリンク