イーサリアムクラシックETCとは?今後価格は伸び悩みそうな理由。将来性への疑問と、2018年以降の価格予想や購入方法について

スポンサーリンク

イーサリアムクラシックETC(Ethereum Classic)の概要や、2018年以降は価格が今後伸び悩みそうだと予想される理由。あとは購入方法についてです。

また2018年のハードフォーク後、イーサリアムクラシックの将来性と価格予想を最新ニュースとイーサリアムクラシック自体の存在意義から予想しており、取引所など最もお得な購入方法についてまとめています。

 

2018年以降、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)は短期〜中期的には良いものの将来性は厳しそうで、今後、長期的には暴落する可能性が高いと予想されます。

韓国ではこのETC(イーサリアムクラシック)は人気があるのですが、恐らく投機的な色が濃いと思っています。

イーサリアムが上がると関連して釣られてあがるという指摘もありますが、これなんて中身が全く無いですよね・・・本家イーサリアムは将来性に期待できる企業連携や採用のニュースが出ているのに対して、イーサリアムクラシックは実用途が展開されていく見込が2018年現在でも全く無く、今後も同様の状況が続くと予想されます。

つまり、大口が売ってくるとチャートや価格はいつ暴落してもおかしくないという認識です。

 

なぜそう予想できるのか?イーサリアムクラシックの将来性や今後に関する私の考えは下記にまとめる通りです。

 

ちなみに、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)のみならず、ICOのしろ何にせよ、これから仮想通貨投資を始めるのであれば、損したり暗い気持ちにならないように絶対に注意すべき点がありますので、こちらはお読み頂いた方がよいかと思います。

→ 今から仮想通貨投資を始めても全く遅くない理由。2018年GW直前からでもアーリーアダプター並になる方法。


スポンサーリンク

イーサリアムクラシックETC(Ethereum Classic)が生まれた理由は今後の価格予想と将来性を検討するのに非常に重要

PiyushSagar / Pixabay

 

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の今後の価格高騰は、将来性があればこそ予想されますよね。その将来性は、イーサリアムクラシックが生まれた理由に強く関わっていると思います。

 

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)は、元々イーサリアム(Ethereum)でした。

ですので、最大の特徴は、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)でもイーサリアムでも共通でどちらも共通です。

ビットコインと異なり、スマートコントラクトという仕組みを持ちます。

 

スマートコントラクトとは・・

「通貨取引における実行条件などをブロックチェーンに埋め込んで簡単に管理できる」

というものです。

今後はリップルならCodius等、他の通貨でもスマートコントラクトは検討されているのでこれだけで将来性があるというものではありませんが。

 

例えば、実行条件が満たされない場合には、取引を中止して資金を回収するなどという契約内容を取引に入れ込むことが簡単に行えます。この仕組についてはホリエモンさんもスゴイと絶賛されていたようです。

 

イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインについで不動の第2位の時価総額を誇る仮想通貨で、どなたでもご存知ですよね。現在はADAコインに関わるチャールズ・ホスキンソン氏がCEOとして立ち上げた通貨です。

 

しかし、その本家イーサリアム(Ethereum)にて、The DAOやアプリケーション層などのバグにより、総額50億円以上ものハッキング被害が発生しました。

 

これに対して、イーサリアム自体はハードフォークというソフトウェアの変更で対応しそのハッキング自体を無効化することを決断して対応しています。

 

そこで、これに反対する人々が作り出したのが、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)になります。

 

なぜ反対したのか?も含めて下次項で記載します。

 


スポンサーリンク

イーサリアムクラシックETC(Ethereum Classic)とは、今後も変わらない純血のイーサリアム!将来性に疑問を感じるスタンスについて

 

イーサリアム自体は、そのバグ修正を行うためハードフォークを行ったのですが。。。

 

仕様変更には賛成できない!

ブロックチェーン技術は、今後も一切中央の介入を許すできではない!

 

という人々が立ち上げたのがこの「イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)」です。

Ethereum Classic is Born.png

 

その後いくつかの取引所がこのイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)にて取引を開始した事、オリジナルのイーサリアムを開発した一人がクラシック用のアプリ提供を表明するなどで、一気に伸びています。

なお、上位経緯からも明らかであるように、このイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)自体の特徴については、元祖イーサリアムと同様です。

 

ですので、アプリ層など使う側での問題がなければ通貨自体が根本的にNGというものではありません。

 

将来性に疑問はあるものの、この経緯から生まれているその姿勢は明確です。


スポンサーリンク

Code is Lawに従うイーサリアムクラシックETC(Ethereum Classic)は将来性や今後に不安が残る

Kanenori / Pixabay

 

私はイーサリアムクラシックETCという通貨自体がもっと独自の発展を遂げていくものだと思っていました。

が、2018年でも特段相対的に他プロジェクトに対する優位性も出ていないという認識です。

「Code is Law」だからです。

ブロックチェーンのそもそもの思想で中央集権ではなく、支配者もいないということから、ソースコードが最も正しいものだというものです。

ですので、それに手を入れるということは、もうブロックチェーン本来の姿ではないという主張ですね。

 

イーサリアムクラシックETCを推す方は、この思想を今後も守りづつけるでしょう。

これは今後も変わらない。とすると・・・

 

それは今後の価格高騰を狙うなら、社会変化に追従して付加価値を生み出すべきという観点からすると将来性には期待できないという事になるかと。

勿論、少しずつ改良はされているようですが。。。(追記:その後、IOHKのチームも多少関わっているように見えます)

 

ということで、今後大きな実需が期待できるわけではないと予想されます。

なので、なぜこのイーサリアムクラシックに投資をするのか?は正直よくわかりません。

 

今後もちろんイーサリアムが上がるから、それに相関した高騰を投機的に期待されているだけというちょっと悲しい状態なのでは?と思ってしまいます。

 

なんらか、ビットコインキャッシュのように、今後差別化ポイントを出して欲しいですね。

イーサリアムクラシックETCを大手取引所も支持。今後オススメ国内取引所と購入方法は?

 

中国のビットコイン取引所の一部、BTCCは、イーサリアムクラシックを支持していますね。

 

ビットコインでも支配的なユーザーである中国にてメジャーな取引所が取り上げられている点。

また、現状では市場規模が普通の金融商品と比較すると非常に小さい点。

韓国で人気がある点。

イーサリアムに連動して上がるであろう点。

 

 

という点からすると、簡単に暴騰も暴落もする可能性があると思いますので、分散して持っておきたいと思います。

 

日本ですと、ビットフライヤーさんが安心ですね。

↓ ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーさんのまとめ

  • 日本シェアNo.1の取引所
  • 経営・技術陣の経歴、及び資本を入れる金融機関から信頼性は高い
  • セキュリティの内容もそれ相応
  • 日本円の入金は比較的早く、銀行との連携も簡単。
  • スプレッドや手数料は、海外口座や他に比べると高い。
  • ただ、ビットコイン送金の処理速度も速い
  • 金融庁認可済み。

 

 

ただ、イーサリアムクラシックの今後の動きは、ハードフォークした通貨の先例として仮想通貨の今後に影響しそうなので注目したいと思っています。

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク