イーサリアム(Ethereum:ETH)とは?今後相場はどうなる?

スポンサーリンク

 

最近チャート暴落で話題(DAOの件)となったイーサリアム(Ethereum:ETH)。

暗号通貨市場でビットコインの次、第2位の市場規模を持っていますよね。

 

なので「他と比較して何が異なるのか?」「今後、チャートや相場はどうなるのか?」という点は気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

技術者でなくともわかるように概要をシンプルにまとめてみました。

 

イーサリアムの最大の特徴を知って今後の展開を考えてみよう

 

ズバリ、「スマートコントラクト」です。

スマートコントラクトというものは、暗号通貨のやりとりに「契約条件」を含ませることができるというものです。

例えば、「Aさんから納品があったら、1000ドル払う」という取引の条件内容を仮想通貨そのものに埋め込んで取引することができるのです。

これって、革命的だと思いませんか?

 

具体的な例でいくと・・・誰かに高いお金を払って立ち会ってもらったり、紙の契約書を用意したり、ハンコを押したりということが一切不要になるわけですよね。

特に新興国では、銀行口座や身分証明書なんてものは無い人が多いのに対して、レンディングが可能になるなどチャンスが生まれます。

あと、やりとりも非常に簡単かつセキュア(DAOのように周辺のアプリケーションレイヤ品質のリスクはまだありそうですが)。

イーサリアム(Ethereum:ETH)はこの仕組を実現するために、ビットコインとは異なる新しいブロックチェーンで開発をされています。

ですので、ビットコイン2.0、仮想通貨2.0などと呼ばれていることもあるようです。

 

ですので、イーサリアムは通貨というよりは、ブロックチェーン技術を使った分散アプリケーションのプラットフォーム、という感じです。

 

色んなアプリケーションがイーサリアムの上で動く事を念頭に設計されているのですね。

スポンサーリンク


イーサリアムの今後についてはアプリ開発が進めば期待ができそう

 

先ほど述べた特徴は、今後アプリケーションの開発が進んでくれば活用できますよね。

不動産の登記、住民票の記載、公共料金や年金などの支払記録、保険契約内容やその他デジタルコンテンツの権利管理、などなど、我々の現在の社会では非常に手間がかかって、扱いづらい契約が旧態依然とした形で残っています。

それを変えていける可能性を秘めたテクノロジーだと思います。

 

事実、Microsoftがクラウド上のサービスであるAZURE上で使えるようにしたりIBMも動いていたりと、イーサリアムに関しては大手企業も動いていることは明確な事実です。少なくともそういう企業はこの技術価値をと荒れているのでしょう。

 

しかし、まだ具体的にメジャーなアプリケーションとして活用が始まっているかというとそうではなく、広く一般が使っているインフラになるにはまだビットコイン同様にガバナンスやスケーラビリティなどに課題があるようです。

元CEOのチャールズ氏のセミナーに出席して直接聞いたのですが、イーサリアムというプロジェクト自体がテスト的に作られたもので、インフラとできるところまでを狙って開発及び運営維持されているものではないとのことでした。

時価総額でビットコインの10分の1程度に留まっているのも、そういうところがあるからなのかもしれません。

(補足)
このイーサリアムの思想については、イーサリアム元CEOのチャールズホスキンソン氏がTED(日本だとスーパープレゼンテーション)に登壇された際のプレゼンにてその思想がよく出ているなと思いました。興味のある方、是非見てみてください。

 

イーサリアム相場チャートの直近は暴落した?

DAOという周辺アプリのセキュリティに脆弱性があり巨額のハッキングをうけたことで、ハードフォークという仕様変更を行っています。

そこで「仮想通貨は中央政府的に手を入れるべきものではない」という人々がその仕様変更に反対して「イーサリアムクラシック」というものを立ち上げており、せっかく市場第2位の規模だったのが多少はそちらに流れているとう認識です。

こちらに関しては、別記事の方に詳細を概要を記載しましたのでご覧頂きければと思います。

 

【関連記事】
⇒ イーサリアムクラシックETCとは?
⇒ イーサリアムクラシックETCのチャート暴騰継続
⇒ なぜイーサリアム・クラシックETCは暴騰?チャートや今後は?
⇒ イーサリアムクラシックETC購入と今後


スポンサーリンク