UASFとは?ビットコインをどうすればよい?8月1日!

スポンサーリンク

さて、8月1日にUASFなるものが起こる?今度こそフォークが決定するのか?など話が出てますね。

その時、じゃあビットコインをどうするべきなの?

という所を、自分用にちょっと調べてみました。

 

なにせ・・・

 

前回、ハードフォーク危機の時、結構現金でリスクオフしたので、BTCに戻すのがちょっと遅れたのです。。。(泣)

そこまでせずとも、結果的にはBTCでも良かったのですよね。

なので、今回はちゃんと勉強して動こうと。

 

あくまで素人の個人的な意見ですが、何らか調べてご自分のスタンスを決めるキッカケぐらいにはなれば嬉しいです。
スポンサーリンク


そもそもUASFとは?

まず、少し前まで騒がれていたのは、ハードフォークでしたよね。

ご参考 : ハードフォーク再来?ビットコインのSegwitとサイズ拡張

 

また新しいのかい・・・という感じですが、ビットコインのトランザクションがパンパンなので、何らか改善せねばですよね。

 

で、ブロック拡張というハードフォークを含むSegwitが実施されるのか?

と思いきや・・・

マイナーたちの利害関係が全く合わず、残念ながらそのままsegwitが実施されるのは、可能性としてかなり低い様子。

 

で、今回のUASFは、ソフトフォークです。

略称としては、ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークの略ですね。

 

名前のとおり、マイナー主導ではなく我々や取引所などのユーザ主導のものですね。

*ちなみに、ビットフライヤーさんのサイトにわかりやすい説明がありました。

 

ただ・・・

でも、上記サイトにあるとおり、結局segwitが実行されるようです。

 

んん??

となりますよね。。。(私はなりました。)

 

では、何が異なるのか?です。
スポンサーリンク


 

UASFのユーザ主導とは?結局ビットコインに何が起こる?

 

結局、8月1日以降は、

「俺たち取引所がOKと言ってるとある形式のブロック意外は受け付けへん!」

と取引所やウォレットメーカーがやりきってしまうことですね。

 

ただ、勿論、ビットコインのやり取りの認証はマイナーがやってくれていますので。。。

結局、マイナーたちがそれに一時的に沿わなければブロックのつながりであるノードが一時的に2つに分裂しまって、トランザクションが不安定になる可能性があるようです。

 

つまり、その前後にBTCを送付するなんてことは、止めた方がいいってことですね。

注意しましょう〜。

 

ので、一部は残しますが、BTCの多くはハードウォレット(Trezor)+秘密鍵を自分で管理できるウォレットに暫く退避かなあなど思っています。

あ、トレザー、1つぐらいは持っておく方がよいかと。

ハードウォレットなどの保管方法についてはこちらに過去書きました。

→ ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

 

UASFが起こったら、ビットコインはどうなる?

 

でも、このUASFに賛同して、これだけ扱うぜ〜という取引所はウォレットって、どこがいるのでしょうね?

日本の取引所も含めて、まだどこも動いてないようです・・・。

 

自分が使っている取引所はどうするの?

とか調べてウォッチするのは面倒だな・・・と思ってしまいます

 

そいや、以前のビットコインアンリミテッドの際だと、すぐ声明が出てましたよね。

 

でも・・・

 

どちらにせよ上記のようによ結局segwitは実施されそうなのですよね。

 

とすると、短期的にはバタついても・・・

今問題になっているトランザクションの問題が他多少解消に向かうなら、ビットコインとしてはまだまだ成長し得るということかと。

 

で、UASFが起こったら、ビットコインどうするの?

 

上記から、中期的にはまだビットコインは伸びていくのかなと。

短期的にはちょっと上がりすぎている感もあるので、下がるかもですが。。

 

でも、何もわからずとりあえず売る人が出てきそう。

 

ということで、暗号通貨全体の状況が良さそうなら、このUASFが落ち着いた後は、ビットコインは買いましチャンスなのかな?と

以前のハードフォークの時は少しタイミングを逃したので・・・

 

あ、でも、注意しないと、よくわからない状況に巻き込まれかねないので、基本はまず状況を見るとして。

 

今回はもし暴落したらバッチリ仕込むぞ!!(個人的つぶやき)
あ、あくまでこれはクリプト道白帯?の素人が自分の理解を整理したついでに、個人的につぶやいている内容なので、他人の意見は当てにせず、ご自分で判断して確り対策しましょう!

怪しい・・という目で見て頂けた方が有り難いです。(笑

 

 


スポンサーリンク