ドル連動のUSDC(USDコイン)が基軸になり◯◯が高騰?今後どうなりそうかを考える(前編)

スポンサーリンク

 

少し前にサークル社が発表した、新しいドル連動の仮想通貨USDC(USDコイン)は、今後仮想通貨における基軸の1つとなり大きなインパクトがありそうで、すると今後何が高騰しそうか?という点についてです。

 

USDCはあのサークル社が発行元だという点もあり、小さな仮想通貨市場に資金が流れ込む可能性を持つ強力な経路が増える可能性があるかと。

勿論、先物などの金融商品や派生商品であれば、それが現物の値段の動きを大きくするかというと、どちらかというと逆に値動き(ボラ)が中長期的には減っていく方向だとは思われますが。

 

結論を先に書くと、BTC・ETH・XRP・BCH・EOSなどなど、既に時価総額上位の基軸通貨で、企業でも実プロジェクトで採用が進む通貨+基軸通貨が緩やか〜に伸びる王道回帰が起こるのではと思っています。

 

今後の仮想通貨市場で大口のインパクトが大きくなってく、その動きの1つかなと。

Coinbaseが大口の資金管理サービス(カストデイ)を始める件もそうですし。

サークル社も、サークルトレードで店頭取引よりも手間のかからない機関投資家向けの環境を提供しつつありますし。SECの認可取得も目指してますし。

また、世界各国のデジタル決済化+CBDCやUSCなどの流れとも連動して、大きな流れになっていくと予測します。

 

日本だと金商法検討の報道もでましたが、それも同じ方向かなと。

あ、海外取引所は予想通りリスクが高まってますよね、少し前にLINEでも流した通り注意が必要かなと。

 

話を戻すと。

 

USDCのようにコンプラ対応のものはよいですが、その体力やスキルが無いトークンプロジェクトは一気に淘汰されそうです。

 

勿論、以前書いたように、すぐに規制や法律への対応が整うとは思えないので中長期的な話になりますが。

高騰や暴落時以外にはあまりコマゴマトレードしない現物好きには、結構インパクトあるなと思ってます。

 

そのあたり、USDC含めて投資目線でどうなりそうか?の予測概要メモです。

 


スポンサーリンク

USDC(USDコイン)とは?USDTやTUSDとの違いは信用力と規制対応力

Free-Photos / Pixabay

 

USDCとUSDTの違いとは?

USDCは米サークル社が発行する米ドルにレート固定(ドルにペッグしている)した仮想通貨です。

テザー社のUSDTも米ドル固定という意味では同じですね。

 

ただ、USDTとの違いで最も大きな点は、通貨にとって非常に重要な信用力だと思っています。

 

サークル社のUSDCはテザーで疑惑を持たれている、同じ量のドル確保を透明性を持って行うとのこと。

サークル社のUSDC管理は、米国送金法に基づき、さらに米国財務省や金融当局からの査定を受けて行うと公式サイトにありました。

 

またサークル社の出資者は、あのゴールドマンサックスや百度ですし。

直近で、米国のビットライセンスを得ようとしている動きもあるようですし。

金融機関としての信用力や、当局の規制への対応も確り行われそうには思えます。

また、米国における金融機関との連動も進めやすいインターフェイスも検討されるようです。

 

 

これ、すぐにでも欲しいですね。(笑

テザー社のUSDTって、結局テザー社が潰れたり、保証金額が偽りだったら終わりだな〜と怖くて個人的には使ってませんでしたので。(最近、正式な手順ではないものの、会計事務所が入って査定してOKだったという話は出てますが。)

さらに、USDTは、BitMain社が100億円ほど投資しますし、多くの企業も参加するようです。

 

 

USDCとTSUDとの違いとは?

あと、BinanceやBittrexに上場した米ドルペッグ通貨といえば、TUSD。

これは、エスクロー口座を使って、TUSD発行量と同等の資金を確保していることを、第3社の法律事務所に証明させていますね。

 

その分、このTUSDは、USDTよりは現時点では信用力が高そうです。

 

ただ、バックにいる企業はその周辺まで積極的に展開を試みる金融機関ではなく、トラストトークンを発行する会社が組織しているものだと思います。

現時点では、Binanceにも上場しており素晴らしいとは思うのですが、今後はどうなのかな?とは個人的には思います。

 

 

ちなみに、USDCを発行するサークル社は、CENTREというプロジェクトをやっています。

 


スポンサーリンク

USDCはオープンソースプロジェクトのCENTREが信頼を確保する

 

CENTREプロジェクトはあまり日本語ではあまり記事がないようですが。

サークル社が率いる、オープンソースのプロジェクトです。

 

USDCを発行するには、CENTREプロジェクトによる審査を受ける必要があるとの事。

そこで、米国当局の規制に対応していることが実質的に監査されるようです。

 

また取引履歴やKYC/AMLなどにも対応したフレームワークが開発、提供されるとのこと。

 

CENTREというプロジェクトに誰が参加してくるのか?は気になる所ですね。

ちなみに、CENTREの詳細はこの公式ページにあります。

⇒ CENTRE

 

 

あと、USDCの基本仕様として・・。

 


スポンサーリンク

USDC(USDコイン)は、ERC-20準拠で使いやすそう

WorldSpectrum / Pixabay

 

USDCは、ERC-20ベースのトークンですね。

イーサリアムの代表的なERC-20トークンなら、今後各取引所への展開も早そうです。

 

この点については、テザー社のUSDTについてもERC-20ベースも発行しているようですが。

元々はUSDTはビットコインベースで、信頼性や規制への対応で不安がある。

 

ちなみに、Circle社のソースはこちら。

⇒ Circle Announces USD Coin, Bitmain Partnership, and New Strategic Financing

 

 

じゃあ、このUSDCでどういう影響が我々にあるのか?です。

 

 

・・・

 

が、長くなりましたので、次の記事にしたいと思います。(笑

⇒ 米ドル連動「USDC(USDコイン)」が基軸に?今後どうなりそうかを考える(後編)

 




スポンサーリンク