なぜビットコインが暴落し続けるのか?買う理由もなくまだ下落トレンド継続。

スポンサーリンク

なぜビットコインが暴落し続けているのか?という疑問を持たれている方も多いのではと思いますが、その理由について個人的にまとめています。

結論をまとめると、今まさに買うべき!という理由はどこにも見当たりませんし、大口の資本家も個人投資家も興味が無くなっているからかなと。今だと誰がチャート見てもまだトレンドも下げ継続ですし。

先日のBFメンテナンス時の動きを見ても、あまり出来高も増えずかるーく遊ばれているだけな感じがしてますので、良い傾向には思えませんね。

 

良い傾向としては、日経新聞がやっと「仮想通貨は最悪〜」と書き始めたところでしょうか。それがもっと定着してくると反転の兆しな気もします。(笑

ビットコイン率いる暗号資産は全体が現状下落トレンドなのでトレードするならそれに沿って行うべきかとは思います。

 

 


スポンサーリンク

なぜビットコインが暴落し続けるのか?買う理由もなく下落トレンド継続。

johnhain / Pixabay

 

短期トレードするなら下げからの戻し(利確後の反発)などを狙った買いはあるでしょうけど、中期で見るとチャートはまだまだ普通に下げトレンド継続。

 

ということで、一旦、ビットコインを始めとする暗号資産は、落ちる所まで落ちるのかなと。

一旦リセット!となるまでは、基本下げトレンド継続なのでしょうね。

 

リセット!となるタイミングは、G20声明などをベースに各国が頑張っている規制が整って、資本が入りやすい環境が整ってきてからかなと。

 


スポンサーリンク

ビットコインはどこまで暴落しそう?

Comfreak / Pixabay

 

どこまでか暴落しそうか?については、皆が買いたくなる理由が揃ってきて(大口の方が煽りやすくななってきて)、皆のビットコインに対する興味が戻ってトレンド転換するぐらいまでですよね。

2016年は10万もしませんでしたが、そのあたりで少し人気が出てきて10万超えてからが異常な感じでした。ですので、10万以下ぐらいもあり得るかなと。

勿論、何度も書いているとおりチャートを見る限り、直近だと30万ぐらいには一旦抵抗がありそうですし、その後も何度も出来高の多いラインはありしばらくは耐えるでしょうけど。

 

逆に10万ぐらいまで下がると、資本家の方々はまた遊びやすくなるでしょうね。ちょっと資本を入れるだけで、大きく値段を揺さぶる事が可能になりますので。そうなってくると、また活気が出てくるかもしれませんね〜。

 

その間に暗号資産としての法規制が確りと進んで、ちゃんとした金融資産になっていると、そこから再出発!として長期で新しいトレンドが始まるかもしれませんが。

あ、個人的には、長期では期待してますよ。その理由は、下記にまとめたとおり。

ビットコインは今後2019年から高騰と予想!【シンプル】な3つのポイント(最新)

2017年1月5日

 


スポンサーリンク

ビットコイン暴落でもトレンドフォローならトレードしやすいし楽。

BurningWell / Pixabay

 

ということで、長期でみると暗号資産として面白そうですが。

それとは別で、トレードはやはりトレンドフォローが最強なので、利益出すならそれに沿った取引がいいですよね。

為替でも株でも、トレンドが明確な時に乗っかる方がほんと楽です。

 

今ならずっと下げトレンドなので、基本ショートをベースにトレードするのがセオリー。

私もこれを徹底しはじめてから、利益がちゃんと出せるようになったのはずっと書いているとおり。いや〜これ、ほんと知った時は早く教えてよと思いましたが。笑

これを教えていただいた師匠(と私は勝手に呼んでますが、まだ全然習得できておらず、黄色帯程度のレベルでもない。笑)には本当に感謝しています。色々お金を使って学びましたけど、信頼できる本物の人ってなかなかいないですからね。

 

(蛇足)

確定申告に向けて、今年の過去の細かいトレードを精査していたのですが、年始から今年前半の相場はほんと凄かったですね〜。

今見るとガンガン値動きがすごくて、トレードしまくってました。で、トレード結果をまとめているエクセル表で漏れてたマイナー通貨での取引が見つかってその利益が大きくて、また税金が多少増えたという。(泣)

ちょうどふるさと納税でまた還元率高いのが増えてましたし追加でいっときます。笑

 

 

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(詳細はメルマガで)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

この記事を書いた人のプロフィールはこちら。

→ 管理人のプロフィールなど(セミリタイアした経緯とは?




スポンサーリンク