なぜトレンドフォローが逆張りより勝てるトレード手法なのか?【実践済】

スポンサーリンク

 

トレードで勝てない!という方や、どういう方針でトレードすれば利益が出せるのかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

私はずっと書いているとおり、トレンドフォローというトレード手法をメインに行い始めてから、トレードで勝てるようになりました。

個人的には逆張りよりも勝てるトレード手法だと確信していますのでそのあたりをシンプルに書いてみます。

少しでも、これを読まれる方の何かのキッカケになれば嬉しいです。

 

(蛇足)正月休みに、あの有名な200億超えトレーダの本も読んだのですが、この方もトレンドフォロー手法がメインとの事でしたね〜。

 


スポンサーリンク

なぜトレンドフォローが逆張りより勝てるトレード手法なのか?

qimono / Pixabay

 

なぜトレンドフォローが勝てるのか?という理由はシンプルで、「勝てる時に大きく勝ちやすいから」です。

最近の暗号資産ではそれが本当に顕著だったかなと。

 

トレンドフォローでトレードするということは、中長期でその方向に進む可能性が高い方向に順張りで投資するので。

多少調整することがあっても、最終的にはその方向に進むことが多いのですよね。

なので、その方向にそったエントリーをしておくと、ある程度中長期で安心して値動きを見守りやすいです(精神衛生上も)。

 

すると、ちゃんと、もともとに想定したポイントまで、安心して待ちやすいのですよね。精神的に。

しかも、短期でのトレードがもしうまく見きれなかったとした場合でも、そのトレンドに沿ってトレードしていると時間が解決してくれる場合もあります。

 

っと、いきなりまとめましたが、以降はもうちょっと初心者の方向けにそもそのトレンドフォローという手法とは?についてもです。

 


スポンサーリンク

トレンドフォロー(順張り)手法とは?

jill111 / Pixabay

 

そもそもトレンドフォローってどういう手法?ですが。

主トレンドにそった方向でトレードのエントリーを行う手法です。

 

でも、「トレンドって何なの?」となりますよね。

これについては色々な見方がありますが、非常に簡単な内容だけでも十分なのでざっくり書くと・・・

移動平均線より上だったりトレンドラインより上だったり、また下値を更新せずに上値が上がり続けている状態を継続していると、上げトレンド継続だとなります。

 

逆に、移動平均より下で上値のトレンドラインも下がり続けているという場合で、さらに下値を更新し続けている(上値も下げ続けている)状況だとは、下げトレンド継続だとなります。

 

で、前者の場合にはロングして、後者の場合にはショートすると・・・。

大きな流れに順張りでエントリーできますので、それがトレンドフォローというトレード手法です。超ざっくりですが。

 

 

*実際にはもっと〇〇の法則など色々ありますが、ここでは割愛!私はこの方から本格的に学んで結果が出せるようになったのでオススメです。

 >> プロトレーダが根拠にする指標と実践方法をカンニングする

 

 


スポンサーリンク

トレンドフォローだけで勝てるわけではないが必須かなと

Free-Photos / Pixabay

 

トレードでは、もちろんトレンドフォローだけでは厳しく、むしろ複数の分析指標を同時に見て今ロングか?ショートか?の根拠を持ってエントリーすることが重要だと思います。

ただ、いくら素晴らしい指標を沢山みて、短期で明確なシグナルが出たとしても。

 

もし主要なトレンドと「逆方向」でのトレードを行うと、いつ反転して損失が出てもおかしくないですし。

なにより、逆張りだと、長期で確り利幅を稼ごうとすればするほど、反転する可能性が当然高くなってしまうという矛盾に、すぐにぶち当たりますしね。

 

 

ということで、暗号資産のトレードにしても、ずっとトレンドフォローが基本スタイルです〜ともうかなり長い間書いてますが、改めて少し書いてみました。

 

上記は概要でしかありませんが、何らか今後詳細の知識をインプットしていくキッカケになれば嬉しいです。

(参考)

>> 仮想通貨で億以上を利確できた7つのポイントまとめ!

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(詳細はメルマガで)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 

このブログを書いた人って?

⇒ 管理人のプロフィール




スポンサーリンク