なぜUFJがビットコイン採用?

スポンサーリンク

三菱東京UFJ銀行は、ビットコインと似た独自仮想通貨「MUFGコイン」を来年の秋には発行予定。
メガバンクが独自の仮想通貨を一般向けに発行するのは、これが世界初なので注目を浴びてますね。

追記:更に一般向けに参入するとリリースがありました。
⇒ 三菱UFJが2017年に仮想通貨MUFGコインを発行!円やポイントともレート固定で連携!ビットコインとも連携?

 

個人的にはUFJがビットコイン、正確にばブロックチェーン技術の取り入れで先行するとが意外(といっても、SBIやみずほはRippleで送金試験など開始していますが)。

UFJといえば、海外送金などでも規制がなぜか厳しく保守的な(ですが一般人には安全な)イメージしかもっていませんでした。

 

では、なぜUFJはビットコイン技術を採用したのでしょうか?

イメージ戦略意外にも仮想通貨やブロックチェーンだからこそできること、大きな利点がありますよね。

 

なぜUFJはビットコイン技術を採用?

将来的な銀行システムの維持管理費削減、具体的にはシステムが動いているサーバの管理費用を削減するため、コストダウンが主な目的のようです。

現状、非常に複雑かつ万全なセキュリティが必要な銀行系の基幹システムは、銀行にとって大きなコスト負担となっています。

ソニー銀行などAWSなどのクラウドサービスに移行する銀行も出てきているほど。クラウドにしても、劇的なコストダウンは難しい。

そこで、ビットコインの技術、ブロックチェーンの登場。
この仕組は、取引の全ての記録を、世界各国のサーバに分散して残すため、改ざんや不正が事実上かなり難しいという利点を持ちますが、取引記録のみのデータ容量で非常にサイズが小さく、(UFJなどメガバンクの複雑なシステムと比較すると)コストがかからないという利点もありますよね。

ですから、自社サーバとしてみると非常に小さなデータ容量だけで強固なセキュリティをもつシステムを手に入れられるというわけですね。ビットコインとは異なり、銀行内の独自通貨であればレート変動もありませんし。

スポンサーリンク


UFJ版ビットコインの今後は?2017年9月頃リリース?

正確にはまだ何も発表されていませんね。

ただUFJのMUFGコインに続くメガバンク発のビットコイン技術採用(通貨発行)は今のところ出ていませんので、何か我々にも役立つサービスを提供してほしいですね!

今のままだとユーザメリットは無さそうですし。

 

ビットコインなど各暗号通貨との両替機能や、ビットコインなどを保持するための「UFJ統合ウォレット」なんかも始めるて頂ければ、一気にUFJの残高も増えるのでは?暗号通貨の普及が進みそうだと思いますし、新しいもの好きとしてはどんどん展開してほしいですね!

期待しています!
ブロックチェーン技術の概要把握は下記からどうぞ。ビットコインの概要と今後を把握するのであれば、「仮想通貨革命」がオススメです。

【人気の関連記事】
⇒ 三菱UFJが2017年に仮想通貨MUFGコインを発行!円やポイントともレート固定で連携!ビットコインとも連携?


スポンサーリンク