なぜ、ビットコインや仮想通貨は必要とされるのか?

スポンサーリンク

なぜビットコインが長期的に見ると値上がりし続けているのか?
と聞かれて、説明できる方は少ないのではないでしょうか。

それはもちろん、メリットがあるからですよね。
では、どんなメリットなのでしょう?

国土が狭く銀行のインフラが非常に発達しているという背景から、日本では全く理解されにくいです。

それどころかマウントゴックスの事件のイメージ(あれも正確には預けている側の問題もあり、仮想通貨自体には問題はないのですが。単に「両替所の1つ」が不正しただけですから。)もあり、どちらかというと悪いイメージがありますよね。

では、世界で求められるニーズとは何でしょうか?
それは・・・

スポンサーリンク


ビットコインや仮想通貨では遠方への送金が非常に安くて早い!

なんか、牛丼みたいになりましたが・・。
日本に住んでいる方には、ちょっと縁遠い海外での送金の実情があります。

それは、同じ国内への送金でも、一日で到着しない国は非常に多いのです。
また、海外では国外で働く方も非常に多いですよね。フィリピンなどでもそうです。

日本は孤島で移民政策もとっていないのでピンとこないと思いますが、陸続きで他の国がある海外で移民が多ければ、出稼ぎの故郷に国際送金するケースが非常に多いのは想像しやすいことだと思います。

いつでも、どこでも、世界中のどこからどこへでも、すごく安い手数料で送金できること。
今まで、数千円とられていたのが、10分の1以下になる。
せっかく稼いだお金を減らさずに、故郷に送金できる。

これはスゴイ利点なのですよね、アジアや米国など日本以外の世界全体では。

銀行口座が不要になる!

これも日本人にはイメージがないと思いますが・・。
例えば、フィリピンで銀行口座を持つ比率は、人口の2〜3割程度。

銀行口座を開くには、そもそも身分の証明やある程度の収入など複数の壁が存在します。
日本は恵まれているのでそれに苦労するイメージはなく、もちろん口座の普及率はほぼ100%に近いだろうと思いますが。

ただ、そんなフィリピンでも、携帯電話の普及率は90%以上!と非常に高いのです。

つまり、インターネットになら、誰でもつなげるのですよね。
どんな人でも、送金を安く行える。
素晴らしいことだと思いませんか?

ビットコインの問題点やリスクとは?

ビットコインは最初にできた仮想通貨ですので、最大規模の基軸通貨になっていますね。

当初の価格からすると、1000倍以上になっているで、多くの億万長者が生まれたようです。

ただ、最初にできたがゆえにここまで発展することは想定されずにテスト的に設計されたもので、処理速度やプライバシー面(全員に取引内容が公開されて流れますので・・)などなど、様々な問題を抱えています。
詳しくは別の記事もご覧ください。

それらを解決する取り組みは、世界各国の学者の間で議論されていました。

問題点を解決する仮想通貨とは?

が、ついにそれら解決するものがリリースされる予定です。

それを率いる技術者は、世界第2位の仮想通貨イーサリアムの元CEO、かつビットコインファウンデーションの教育主任で、世界的なTV番組(NHKでも放送)で仮想通貨についてプレゼンを行っているチャールズ・ホスキンソン氏です。

さらに、このプロジェクトを統括する運営者は、ドバイのエミレーツ銀行をゼロから立ち上げた方など、すさまじい実績を実業で出してきた方々になっていますね。

エンジニアの私が研究した結果、それら圧倒的な実績をもつ技術開発陣と運営陣が関わっており、ビットコインの問題を解決されるので確実に未来があると選定したのはこちらです。

メアドを登録すると無料で仮想通貨の基本的な情報とその情報が勉強できますので、是非どうぞ。

→ 次世代の本命仮想通の基本を学ぶ


スポンサーリンク