ドイツ銀行危機でビットコインも暴落か?コメルツ銀行と合併で乗り切る?

スポンサーリンク

ドイツ銀行の危機が再燃しているようで、そうなるとビットコインや株はどうなるの?という疑問がわきます。そこで、個人的な考えと対処について考えてみてます。

ただ正直、有事に影響があるデリバティブの規模も流れも素人には全く実態がわかりませんので、簡単にできる事といえばリスクオフしておくことぐらいと思ってます。

 

ちなみに、8のつく年は、、、ということで、今年は株関連は随分早めに処分していたし(一部機会損失。笑)、ビットコインもちょうど昨年末〜年始に確り利確して減らしてトレード重視にし、事業への投資を増やし、あと金融商品も関連するのは一部の債券ぐらいにしてるのは、断片的に書いてきたとおりです。

しかし、今そうなるかはわかりませんが、金融危機はどこかで周期的に発生しますよね。そういう前提で、普段から運用+リスク管理+時間の投資をする(加えて、波が来たら乗って、ちゃんと降りる。)のが本質的な対策かなと思います。

 


スポンサーリンク

ドイツ銀行危機でビットコインも暴落か?

ドイツ銀行の危機が再燃している

ブログの一部記事で2018年は金融ショックも?と書いてましたが、何も発生せずに年末まで過ぎそうだな・・と思ってたら。

 

なんか、ドイツ銀行懸念が再燃してるみたいですね。

このツイートが本当か?はありますが、COCO債のクーポンが12%付近まで上がっていると。以前騒がれた時の水準に戻ってますね。あと、ドイツ銀行の株価がむちゃくちゃ下がってますし、当局からマネロン等の疑惑をかけられているのは確かな様子。

 

COCO債ってのは、むちゃざっくりいくと、銀行が事故資本比率の規制を乗り切るために、投資家から資金を募って組入してる債券で、銀行の自己資本比率がある水準に下がっちゃうと株に転換されたり無価値になったりするもので、普通の債券よりもリスクがある分、利率もいいのですよね。

ただ、勿論、有事の際にはここから返済ができなくなるわけで、これに何かあれば金融ショックのノロシ(炭鉱のカナリア)とも言われてます。

ただ、世界トップのHSBCでもCOCO債は発行しているぐらいで、それ自体全部が危なくなるというわけでもないとは思いますが。(資本増強が不要になれば発行されなくなるだろうから、リスクがあってもチャンスという人もいる)

 


スポンサーリンク

ドイツ銀行が潰れるとビットコインはどうなる?

 

個人的には当然、以前あった世界同時株安の時と同じく、リスク資産であるビットコインも影響を受けて下がると思います。

これくると、セリクラどころか。。。ですごそうですね。

来週あたり、そうなったりして。笑

 

ただ、ほんとにそうなって暴落したらレバ狙いで参加したくなりますが。(チャートに貼り付けなさそうですけどね。)

 

数年前からくすぶっているドイツ銀行の危機。2018年はドイツ銀行か中国(実は中でつながっている)から発生するのではと言われてましたが。

 

有事の際のビットコイン!とはまだなれないでしょうね〜。長期的にはそうなって欲しいですが。

 

しかし根本的な考えとして、冒頭に書いたとおり普段から周期的な景気サイクルを前提にした動きにすることが大事ですよね。

 

追記)

その後を追ってると、ドイツ銀行はコメルツ銀行と合併を調整しているとか。頑張って欲しいですねえ。何事もないのが一番!でも、他のブラック・スワンがどこかで来る前提で組み立てるのは変わりませんけどね。

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容や、重要だと思うことをシェアするメルマガやLINEをやっています。ブログで書きにくい事などは、特にメルマガやLINEには歯切れよく書いてます。笑

無料で個人が発信しているだけなのですが、実績は仮想通貨でもそれなり(2年連続、税金でも「○り人」です)に出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

友だち追加

 

 

この記事を書いた人のプロフィールはこちら。

→ 管理人のプロフィールなど(セミリタイアした経緯とは?




スポンサーリンク