リップルのxRapidがSBIバーチャルカレンシーズを皮切りに本格稼働し2018年夏以降2019年にかけXRPが高騰する

スポンサーリンク

 

リップル社の国際送金技術であるxRapidがSBIバーチャルカレンシーズの立ち上げとともに、本格的に今年から立ち上がっていくので2018年から2019年にかけてxRapidで使われるXRPの高騰が予測されるという点です。

完全にポジショントークではありますが。(笑

 

先日のMoney20/20で、リップル社のCEOがインタビューに答えた文言には、ビックリしました。

 

既にかなり話題になっていますが、重要なポイントだと思うのでシンプルにメモです。

 


スポンサーリンク

リップルのxRapidとXRPを導入する金融機関が2018年から2019年にかけて本格的に増加する

 

冒頭のMoney20/20でのCNBCに動画が上がっている件です。

 

 

いや〜これ、すごいですね。

ま〜ただ、XRPはさして反応せず。(笑

懐かしい感覚です。。。

明らかに凄い事なのに・・・パワーが溜まっている気がします。

 

市場全体の地合いが変わると、結構伸びそうかなと。

 

ついでにもう1つだけ。

 


スポンサーリンク

リップルが使われる!というのと、XRPが使われる!は違うけど、今後は正式版が出るxRapidを使う企業が増える。

 

これまで xCurrentが使われても、XRPは使われてないんだよね〜というケースも多かったので。

xCurrentでXRPが全く使われないかというと、それ自体も最終的にはどうなのか?とは思いつつも。

 

xRapidだとわかりやすいですよね。

XRPが使われていると。

 

で、xRapidはぼちぼち正式版が出ると思われますが、そこにこれまで提携を深めてきた各金融機関や企業がなだれ込んで来ると想定します。(送金速度やコストでメリットがあるため)

 

その先陣を切るのが・・・。

 


スポンサーリンク

SBIバーチャルカレンシーズがxRapidのネットワークに参加し国内金融機関のハブになる?

 

リップル公式サイトにおいて、SBIバーチャルカレンシーズは、xRapidに参加すると以前から出ていますよね。

そうなると、xRapidにてXRPを使った国際送金のサービスを、日本円から利用しようとすると・・・。

 

このSBIバーチャルカレンシーズをハブにしてxRapid のネットワークへ、国内金融機関は参加することになるのでしょうか?

それで国際送金が安く手軽になるなら、ほんと、我々にもメリットは大きいです。

 

 

いや〜ほんと、リップル社の本丸がついに実現しつつありますね。

勿論、このあと、ILPが標準化され価値のインターネットという思想が、個人向けのサービスなどにも展開をされ始めて行くと所が、本当の本丸だとは思いますが。(今、いろんな方面でその種まきがされてますね。)

 

市場全体の地合いが変わると、結構伸びそうかなと。

 

ちなみに、先日上げたチャートに適当な線を書きましたが、今のところは6月〜8月はいる前ぐらいには、大きく上がるのか、もう一度下がるのかがはっきりしそうな感じがしますね〜。

個人的には、上げてくると思っているのですが。

まあ、気長に放置しておきます。

 

 

ちなみに、リップルが今後どうなりそうか?については、過去の事実を整理してこちらにまとめています。

⇒ リップルXRPは暴落も今後2019年に向けて高騰する理由。伸び悩み後の見通しを過去の暴落と最新情報から予測

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったことをボチボチ書いてます。

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録

 

 




スポンサーリンク