リップルXRPやETHやICOが証券化すると長期では高騰する

スポンサーリンク

 

リップルXRPやETH、他ICO案件が証券として規制されるという話が先月から出ていますが、結局長期的には大口資金が入りやすくなるので証券化に耐えるものを保有していれば高騰しそうだなという話です。

証券化すると、今後リップルXRPやETHは暴落するの?高騰するの?と一瞬思いますよね。

 

ただ先月、米商品先物取引元会長からリップルXRPやETHは証券として扱うべきという発言が出たという報道で、下がったら買おう・・・と思いましたが流石に暴落はありませんでした。そりゃそうです。(笑

 

 

あと、リップルXRPについては小さな訴訟の話も出ていますが、チャートは魅力的な形をしておりサポートを割れない限りは資金を突っ込みたくなるニオイがしてますね。(と申しますか、過去書いた60円付近のものは一部利確して再度参入しています)

 

BtoBで証券化となってもコンプラ対応にも耐えるだろうものは、やっぱり長期的にはお宝銘柄になると思えて仕方ありません。。。

 

そのあたり、メモです。

 


スポンサーリンク

リップルXRPやETHやICOの証券化がわざわざ議論されるのだから今後長期的に市場は拡大方向

lholtz1023 / Pixabay

何を今さら・・・ですが。

やはり個別銘柄がどうなりそうか?よりも、仮想通貨市場全体がどうなりそうか?が重要だと思っており、その見通しに応じて資産のうちどの割合を仮想通貨市場に投資するかを決めるので、個人的には結構大きな材料です。

 

わざわざ手間のかかる(今から開始してもまだ数年はかかる)、規制やルールづくりの議論を進めるこの流れは、ここ最近でかなり明確になったと思います。

 

とすると、どのコインが?は別として、大きな流れはやはり固いなと改めて思います。市場自体を消し去るということはやはりもう無いだろうと。

 

ですので、年初にも書きましたが。

やはり、2018年の仮想通貨市場にはまだまだ年初に決めた割合の資金は投入しておこうと思うわけです。

 

ちなみに、ICO規制の記事にも書いたとおり日本も規制(ルール制定)を検討してますけど、それは米国の規制内容に沿うものになるのは予測できますし。

 

当然、リップル社も証券化については反対しておりどうなるかはわかりませんけど。どちらになってもXRPの価値が長期的に変わるとは考えにくく、短期的に個人投資家が逃げていくならチャンスかと。

 

ちなみに、もし証券化すると期待する効果は言わずもがなのこれですよね。

 


スポンサーリンク

リップルXRPやETHやICOが証券化すると長期的には大口の資本が入りやすくなる

XRPに限らず、ETHでもICO案件でもそうですが。

今、大口の金融資本が入りにくいのは、仮想通貨市場に明確なルールや規制が無いからですよね。

 

仮想通貨は、他の金融商品と比較して、現状では購入するのにすごく敷居が低いです。

他の金融商品だと、「リスクが・・・」「投資家としての適正が・・・」「リスク説明したという証明を・・・」など、かなり固いコンプラに縛られて大量の説明を投資家に行いながら販売していると思います。

 

例えば、社債や保険などを購入しようとすると、「説明を受けて了承しました」というチェックマークを付けながら履歴が残されますよね。

そういうルールが整えられれば、極端な話「一般金融機関」の販売員でも大量に売り始められるわけですよね。

 

あと、お墨付きとなった資産クラスであれば、金融機関もその派生商品を開発しやすい。

とすると、仮想通貨市場に間接的に資本が入る流れがいくつもできてきますよね。

勿論、ここ1年で劇的に変わるというわけではなく、まだ数年後の話だろうとは思いますが。

 

 

あと、こういう議論が出るということは、もし「証券化」と厳格にはならなくとも、それに近いものが求められていくのは間違いないかなと。

とすると・・・

 


スポンサーリンク

証券化によるコンプラ対応にも耐えられるリップルXRPやICOが将来的に大きな資産クラスになりやすいと予測

 

リップルXRPだけではなくADAもそうだと思っていますが、やはりコンプラ対応に耐えうる準備を元々行っているものは、将来的に強いだろうと思うわけです。

(参考)

⇒ これから伸びる仮想通貨は?:BtoB型+インフラ型+新分野のICO

⇒ 日本の仮想通貨口座数はほぼ頭打ち?となると今後高騰するのはコンプラや当局と対話できているプロジェクト。

 

 

勿論、ICOといっても・・・という話も短期的にはあり、売り時や買い時はそれで判断しないと今後どうなりそうか?をいくら考えても痛い目を見ると思いますが。

⇒ 仮想通貨の上場予定ICOでも結局トレードが必要になるという事実

 

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガやLINEをやっています。

 

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

また、最近は、多くの方と有用な情報交換をさせて頂けいてると感じます。

 

私が少ない資金から、自由に過ごすためのキャッシュフローを構築するためにやったこと。

それをこのメルマガや、あと仮想通貨を中心に読者様限定のLINEで紹介しています。

 

有料のサービスでもなく、無料で個人が発信しているだけなのですが、実績はそれなりに出ているので、ご参考頂けるかなと。

私個人的には、色んな読者様と非常に有用な情報交換できているのが嬉しく、ほそぼそと続けているのですが。

 

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録




スポンサーリンク